宅地建物取引士試験

平成29年度宅地建物取引士試験

平成29年10月15日(日)、平成29年度宅地建物取引士資格試験が行われました。平成27年より「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」へ名称変更となり、全国の受験者は209,354人と前年度を上回る方が受験されました。板橋区支部は練馬支部と共に新宿の文化学園大学に於いて業協会からの要請に協力し、資格試験の本部員・試験監督員として板橋区支部では35名が出向いたしました。合格発表は11月30日に行われました。

平成28年度宅地建物取引士試験

平成28年10月16日(日)、平成28年度宅地建物取引士資格試験が行われました。全国で24万5千人が受験(内東京都約5万1千人)されました。

板橋区支部は城北ブロックとして豊島区支部・北区支部・練馬区支部と共に新宿・文化学園大学に於いて、業協会からの要請に協力し、資格試験の本部員・試験監督員として19名が出向致しました。合格発表は11月30日に行われました。

平成27年度宅地建物取引士試験

平成27年10月18日(日)、平成27年度宅地建物取引士資格試験が行われました。全国で約24万人が受験(内東京都約4万9千人)されました。本年度は従来の「主任者」から「取引士」と変更された最初の試験で、板橋区支部は練馬区支部と共に新宿・文化学園大学に於いて、業協会からの要請に協力し、資格試験の本部員・試験監督員として32名が出向致しました。合格発表は12月2日に行われました。

平成26年度宅地建物取引士試験

平成26年10月19日(日)、平成26年度宅地建物取引主任者資格試験が全国一斉に行われました。板橋区支部は練馬区支部と共に新宿・文化学園大学に於いて、例年通りに業協会からの要請に協力し、資格試験の本部員・試験監督員として32名が出向致しました。来年度より「宅地建物取引主任者」の名称が「宅地建物取引士」に変更になるのに伴い、主任者としての最後の試験となります。合格発表は12月3日に行われました。